詰め物・被せ物が取れた

当詰め物(被せ物)が外れても、すぐに痛みがでる事は少ない傾向にあります。『歯医者さんに行かないと・・』と思いつつも、痛みがないのでそのまま放置しがちの傾向にあるようです。では、放置するとどうなるのでしょうか?

尚、当院では、歯科の国家資格をもつ歯科衛生士による施術を行っています(資格をもたない歯科助手による施術は行っていません)。

  • 虫歯になる。
    詰め物や被せ物が外れた状態は、食べかすが詰まりやすくなるため虫歯になります。

  • 噛み合わせがズレてくる
    詰め物や被せ物が外れた歯は周囲の歯と隙間を生じます。その隙間を埋めるように歯が傾斜・移動(挺出)する事により噛み合わせにズレを生じるようになります。
  • 歯茎が炎症おこす
    被せ物(詰め物)が外れると歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなります。食べカスが停滞すると、歯茎が腫れて、炎症を起こします。

  • 口臭が強くなる
    食べかすが詰まる事によって、口腔内の常在菌が食べカスと反応して口臭を発するようになります。
  • 舌や頬を噛みやすくなる
    詰め物や被や物が外れた歯の形態に鋭利な箇所がある場合、舌が接触して傷ができます。また、外れた隙間に舌や頬が入り込んで食事の際に舌や頬を噛みやすくなります。

  • 歯が折れる、欠ける
    詰め物や被せ物が外れた歯は、強度が弱い状態なので食事中に歯が欠けてしまう事があります。

詰め物や被せ物が外れる原因と治療法は?

  • 接着剤の劣化
    詰め物(被せ物)は、歯専用の接着剤でついていますが、時間の経過ともに、接着力が弱まってきて外れてしまう事があります。 詰め物や被せ物が外れた歯は、強度が弱い状態なので食事中に歯が欠けてしまう事があります。
  • 虫歯
    詰め物(被せ物)と歯とのわずかな境目から虫歯になり、詰め物の下で虫歯が 進行し、外れてしまいます。臨床上、よくみられるのが、このタイプです。
    治療法・・虫歯のレベルに応じた治療が必要となります。
    関連ページ・・『虫歯の治療』
    詰め物や被せ物が外れた歯は、強度が弱い状態なので食事中に歯が欠けてしまう事があります。

  • 噛み合わせ
    長期に使用していくうちに被せ物(詰め物)が磨耗し、噛み合わせのバランスが変化 して特定の場所に過大な力がかかり、外れてしまう事があります。
    治療法・・噛み合わせを調整し、付け直します。
    詰め物や被せ物が外れた歯は、強度が弱い状態なので食事中に歯が欠けてしまう事があります。

  • 歯の破折
    歯の頭の部分や、歯根の部分に亀裂が入ったり、歯が折れたりすると外れてしまう場合があります。これは、硬い物を噛んだときや上記の3が原因で起こると考えられます。
    治療法・・亀裂の入り方によりますが、単純な亀裂であればリペアー剤で修復した後に歯の形に戻します。複雑に亀裂がある場合や粉々に割れている場合は歯の摘出が必要となります。
    詰め物や被せ物が外れた歯は、強度が弱い状態なので食事中に歯が欠けてしまう事があります。

  • 詰め物、被せ物を維持させる歯質が少ない
    虫歯の範囲が広いとその分だけ詰め物や被せ物等で補う範囲も広くなります。虫歯の範囲が広いと、詰め物や被せ物を維持させる歯質が少なくなり、外れてしまう場合があります。
    治療法・・詰め物や被せ物の形を変えて作り直しが必要です。
    詰め物(被せ物)を付ける歯の形態に保持形態を付けて作り直します。

Homeコンセプト案内施術内容料金表機材/院内紹介