矯正歯科

矯正歯科 担当医の紹介

佐々木啓真 (ささき ひろまさ)

【経歴】
1989年
東京医科歯科大学歯学部卒業
1989年
東京医科歯科大学附属病院矯正歯科勤務
2009年
医療法人社団 汐彩会
2in1デンタルクリニック日テレプラザ勤務
【ご挨拶】

矯正というと子供のころに行うものというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、けっして大人になってからでも遅くはありません。大人が矯正治療を受けることは欧米では一般的です。最近は日本でも大人になってから治療をされる方が増えてきました。目的意識がはっきりしているだけに、大人の矯正にはより確かなカウンセリングが必要です。当歯科医院では専門医があなたに最適なプランを提案させていただきます。

当院が矯正歯科で指示される6つの理由

1
「治療が上手か心配で」と思う方に・・
矯正歯科専門医による診察
2
「病院選びが難しい」と思うか方に・・
治療経験と技術の充実
3
「綺麗に治るか心配で」と思う方に・・
カウンセリングの充実
4
「自分に合う方法で治したい」と思う方に・・
治療方法の選択肢の充実
5
「虫歯になるのが心配で」と思う方に・・
他科との連携 の充実
6
「費用が心配で」と思う方に・・
治療費の支払い方法の充実

矯正治療を行うメリットとデメリット

歯の矯正治療を受けずに放置しておくと不揃いに並んだ歯と歯の間の歯磨き残しの箇所から虫歯や歯周病になりやすく、噛み合わせが悪い事等により、ものを噛む能力の低下、発音障害、顎の関節や筋肉の病気の発症や、口元が出ている等で顔貌の美醜により劣等感を抱き、精神的な問題につながる事もあります。
歯列矯正治療を行うメリットは歯並び、噛み合わせを整えて、上記の問題を解決し、健やかな人生をお送りできるようになる事ですが、デメリットは少しずつ歯を動かすため治療期間が長くなる事や保険外治療になるため治療費が高額である事、矯正装置を着ける事による圧迫感やストレス、歯が動く際に痛みがある事があげられます。矯正治療のメリット・デメリットは歯並びの状態や年齢等によって異なりますので、詳細については矯正専門医にご相談されると良いと思います。当院では矯正専門医による無料相談を行っておりますので、お気軽にお問合せを下さいませ。

診察費用の支払い方法について

当院では、矯正治療費は以下の2つの支払い方法を取り扱っております

1. 治療期間に応じた分割払い方法 (分割手数料なし。分割回数に制限あり)
2. 歯科専用クレジットでの支払い方法(分割手数料あり。分割回数は最長 60 回)

1. 治療期間に応じた分割払い方法 (分割手数料なし。分割回数に制限あり)

  • 治療期間に応じて分割回数が決まります。治療期間が半年であれば6回払い、1年である場合は12回払い、2年であれば24回払いとなります。
  • 分割手数料0円
  • 支払い方法は分割払いのみです。ボーナス併用払いはできません。

【お支払い例】

~前歯だけを治したい~
部分矯正の場合
ご利用金額 30万円  治療期間が1年 分割回数は12回

月々 25,000円
ご利用金額 300,000円
分割手数料 0円
~見た目だけでなく、噛み合わせも治したい~
全顎矯正の場合
ご利用金額 100万円  治療期間が2年 分割回数は24回

月々41,500円 初回のみ45,500円
ご利用金額 1,000,000円
分割手数料 0円

2.歯科専用クレジットでの支払い方法(分割手数料あり。分割回数は最長60回)

  • 分割回数は、治療期間に関係なく選択できます
  • ご利用金額/分割回数→最高500万/最長60回
  • 分割手数料あり
  • ボーナス併用返済可能
  • 返済方法は分割返済とボーナス併用返済があります。
  • 分割返済→毎月均等にご返済頂けます
  • ボーナス併用返済→毎月の分割返済に加えて、お選びいただいたボーナス月に加算額を上乗せしてご返済いただけます。

    ※ボーナス返済総額は申込み金額の50%以内(単位:万円)でお決めください。

    ※ボーナス払いのみの対応はございません。

    ご返済回数はいずれも、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回、27回、
    30回、33回、36回、42回、48回、54回、60回払いからお選びいただけます

返済回数別の分割払い手数料率

返済回数 分割払い手数料率(%) 実質年率(%)
6回 3.2 10.89
10回 4.6 9.28
12回 5.1 9.28
15回 5.5 7.57
18回 6.1 7.57
20回 6.5 6.96
24回 7.4 6.95
27回 7.9 6.42
30回 8.5 6.42
33回 9.0 5.99
36回 9.5 5.99
42回 10.5 5.62
48回 11.9 5.62
54回 13.0 5.28
60回 14.0 5.28

【お支払い例】

~前歯だけを治したい~
部分矯正の場合
ご利用金額 30万円  分割回数 36回

ボーナス併用返済の場合 月々5,700円
ご利用金額 300,000円
分割手数料 28,500円
お支払い総額 328,500円
月々お支払い額 5,700円
ボーナス月加算額 20,000円
分割返済の場合 月々9,100円
ご利用金額 300,000円
分割手数料 28,500円
お支払い総額 328,500円
月々お支払い額 9,100円
※但し、初回お支払額で端数調整を致します
~見た目だけでなく、噛み合わせも治したい~
全顎矯正の場合
ご利用金額 100万円  分割回数 48回

ボーナス併用返済の場合 月々13,300円
ご利用金額 1,000,000円
分割手数料 119,000円
お支払い総額 1,119,000円
月々お支払い額 13,300円
ボーナス月加算額 60,000円
分割返済の場合 月々23,300円
ご利用金額 1,000,000円
分割手数料 119,000円
お支払い総額 1,119,000円
月々お支払い額 23,300円
※但し、初回お支払額で端数調整を致します

全顎矯正と部分矯正の違い

全顎矯正は、叢生や下顎前突、過蓋咬合等の歯列不正咬合症例で、全体的に歯列の改善が必要な方に行う歯列矯正の方法です。対して、部分矯正は部分的に歯並びを治す方法で『プチ矯正』とも言われています。歯のちょっとしたズレや歪みを治したい方が対象で、全顎矯正と比較すると費用も安価である事が特徴です。

全顎矯正 部分矯正
治療目的 噛み合わせと見た目の改善 見た目の改善
治療できる範囲 全ての歯 前歯の1~4歯
治療費 80万円~145万円 20万円~50万円
矯正装置 調整費用 7,000円 5,000円
治療期間 12~36ケ月 2~12か月
矯正装置を付ける範囲 全体的に装着 部分的に装着
全顎矯正装置の一般的な装着例
全顎矯正装置の一般的な装着例
部分矯正装置の装着例
部分矯正装置の装着例
               

部分矯正症例写真

主訴 上の前歯が開いているので治したい。 費用・・35万円  通院期間・・6か月

27歳 女性 上の前歯が開いているので治したい。 費用・・35万円  通院期間・・6か月

歯列矯正の種類

歯列矯正には大きく分けて『表側矯正』、『裏側矯正』、『マウスピース矯正』の3つの治療法があります。

1.表側矯正

歯の表面にブラケットという矯正装置とワイヤーを付けて歯を動かす方法です。メリットは、様々な不正咬合に対しての対応が可能である事です。デメリットは、矯正装置を歯の表側に装着するので矯正装置が目立つことです。近年、矯正装置は小型化され、透明色のブラケットや白くコーティングされたワイヤーを使用する事で、以前よりは目立ちにくくなりましたが、他の矯正方法と比較すると矯正装置は目立ちます。

【費用】

全顎矯正の場合 ¥800,000~+消費税
部分矯正の場合 ¥200,000~+消費税

2.裏側矯正

歯の内側に矯正装置を装着して歯を動かす方法です。メリットは、裏側に装置を付けるので矯正装置が見えない事です。デメリットは内側に装置を付けるので、不快感がある事や発音がしにくくなる事です。特殊な治療方法なので、医師の経験、技術が必要です。また、表側矯正よりも費用が高くなります。

【費用】

上下で裏側矯正を行う場合 ¥1,450,000+消費税
上のみ裏側矯正、下は表側矯正の場合 ¥1,100,000+消費税

3.マウスピース矯正

透明のマウスピースを使用して歯を動かす方法です。メリットは矯正装置を付けないので行えるので、マウスピース自体の厚みが薄いので発音障害や不快感が少ない事、また装置の色が無色透明なので、周囲の人に気づかれない事です。デメリットは、裏側矯正よりも更に適応症に限りがある事や自分で自由にマウスピースを取り外しができるため、マウスピースの装着時間を厳守しない場合、治療の結果に影響があります。

【費用】

アソアライナー矯正 ¥200,000~800,000+消費税
インビザライン矯正 ¥1,200,000+消費税

矯正治療の流れ

はじめに歯並びや咬み合わせ等の口腔内の悩みを伺います。実際の口腔内の歯並びを拝見し、矯正治療の必要性の有無や矯正治療のおおまかな一連の流れ、治療が完了するまでに必要な期間、費用等をご説明致します。口腔内写真やレントゲン写真等の精密検査を行い、口腔内の問題点を抽出し、それに対する治療計画(矯正方法など)を立案し、施術開始とります。

step1カウンセリング1(無料相談)
  • 患者様の気になるところを問診
  • 矯正治療方法の説明
  • 費用の説明
  • 通院期間についての説明
step2検査
  • 治療に必要な資料の収集を行います
  • 口腔内の写真撮影
  • 顔貌の写真撮影
  • 歯型の模型造り
  • レントゲン撮影
step3カウンセリング2(診断、治療計画の立案、決定)
  • 不正咬合の診断
  • 診断名に対する治療法
  • 通院期間
  • 見積書の発行
step4矯正治療開始
  • 矯正装置の装着、調整
step5メンテナンス(保定)
  • 動かした歯をその位置に安定させるための必要な期間

費用

全顎矯正は、叢生や下顎前突、過蓋咬合等の歯列不正咬合症例で、全体的に歯列の改善が必要な方に行う歯列矯正の方法です。対して、部分矯正は部分的に歯並びを治す方法で『プチ矯正』とも言われています。歯のちょっとしたズレや歪みを治したい方が対象で、全顎矯正と比較すると費用も安価である事が特徴です。

全顎矯正 部分矯正
カウンセリング(相談) ¥0 ¥0
治療費の目安
(個人の歯並びの状態や矯正方法により費用が変わります)
800,000~1,450,000円+消費税 200,000~500,000+消費税
再診費用
(矯正装置 調整費用)
5,000〜7,000円+消費税 5,000円+消費税

治療費は個人の歯並びの状態や矯正方法、装置の種類により決まります。
カウンセリング(無料相談)の際に費用の詳細についてご説明致しますので、
お気軽に御相談下さい。

カウンセリング(無料相談)の日程は毎月第3もしくは第4の木曜と
土曜日の午前(9:30~12:30)です。
専門医のカウンセリング(無料相談)は完全予約制でございますので、
事前のお問合せをお願い申し上げます。

支払い方法に関しましてはコチラをクリック!

よくある質問

(治療時期について)

Q子どもの矯正治療は何歳頃から始めるのが適切ですか?
A歯列不正の原因が顎の大きさ等の成長期に関わる骨格的な問題があるかどうかによって、何歳頃から始めるのが良いか変わってきます。大まかな目安は小学校低学年から中学年から開始し、骨格的な不正の改善を図ります。
Q高齢でも矯正治療は可能ですか?
A年齢的な制限はありませんが、歯の周りの歯周組織(歯を支える顎の骨や歯肉)がある程度健康である事が条件になります。進行した歯周病では矯正治療を行うことが難しくなります。

(治療期間について)

Q治療にかかる期間はどれくらいですか?
A治療期間は不正咬合の種類や程度、また子供の場合お成人で大きく変わってきます。概ね一般的には1~3年程度ですが、歯を動かして歯並びを改善した後、更に保定期間として後戻りしないように2年程度、観察します。
Q来院頻度はどのくらいですか?
A1〜2か月に1回程度の通院になります。保定期間(経過観察)の場合、3〜6か月に1回の通院で大丈夫です。

(治療費について)

Q保険は適用されますか?
A保険が適応されるのは手術が必要な顎変形症、唇顎口蓋裂などの矯正治療のみになります。
Q分割払いは可能ですか?
A可能です。
Q分割払いで頭金は必要ですか?
Aありません。
Q治療費のほかに必要な費用はありますか?
A矯正治療に必要な抜歯(便宜抜歯)や虫歯の治療等は別途になります。便宜抜歯の費用は保険外の費用負担になり、¥5,000+消費税になります。虫歯の治療は保険診療が適応されます。

(治療について)

Q矯正治療は痛みを伴いますか?
Aワイヤーなどで歯を動かす際に 2〜3日程度の軽い痛みを伴います。これは、歯を支えている歯周組織に軽い炎症が起こるためで、概ね1週間以内に治まります。
Q抜歯は必要ですか?
A抜歯は必要かどうかは、スペースの足りない度合いや骨格的な不正の有無、口元のバランスなど、様々な因子によって決まります。勿論、ご本人様の希望も考慮に入れた上で、診断致します。
Q矯正治療を周りに気付かれずに行うことはできますか?
A子供の矯正の場合、取り外し式の矯正器具がメインになる事が多いです。主に自宅での使用になりますので周囲の人に気付かれる事はありません。
大人の矯正の場合、歯の表側に固定式の矯正器具を装着するのが、一番広く一般的ですが、最近ではワイヤーを白くコーティングしたものもあり、選択可能です。
また、症例によっては、着脱式の透明なマウスピースで治療できる場合や、歯の裏側にワイヤーを装着して治療する方法もありますが、全ての症例に対応できるわけではないので御相談下さい。 。
Q一般歯科の矯正治療と矯正歯科の矯正治療に違いはありますか?
A治療そのものに違いはありません。一般歯科の矯正治療のメリットは矯正治療中の虫歯治療や抜歯が同一病院でできる事があげられます。矯正歯科の矯正治療のメリットは治療日の選択肢が多い事があげられます。

(治療中のことについて)

Q日常生活に支障はありますか?
A日常生活に特別な支障はありませんが激しいスポーツや楽器(吹奏)など口唇が傷つく場合があります。また、矯正器具の種類によっては若干、発音に影響が出る場合がありますが、多くの場合、1か月程度で慣れてしまう事がほとんどです。
Q矯正治療中の食事制限はありますか?
A固定式のワイヤーを装着した場合、ガムやキャラメル等の粘着性に強い食べ物はワイヤーが変形する恐れがあります。また、あまり固いものを強く噛むと歯の表面の接着している金具が外れる事があります。

症例写真は技術の証拠(矯正歯科編)

ご自身の似た症例を参考にして下さい。カーソルを合わせてクリックすると写真がでます。

小児

  • 上顎前突・・
    (出っ歯)
    上の前歯が前に出過ぎている
  • 反対咬合・・
    (受け口)
    上下の歯が反対に噛んでいる
  • 叢生・・
    (乱杭歯)
    歯並びが不揃い、ガタガタに並んでいる

成人

  • 上顎前突・・
    (出っ歯)
    上の前歯が前に出過ぎている
  • 反対咬合・・
    (受け口)
    上下の歯が反対に噛んでいる
  • 叢生・・
    (乱杭歯)
    全体的に歯並びが不揃いに並んでいる
  • 開咬・・
    上下の前歯が噛みあわない
  • 正中離開・・
    歯と歯の間が離れている

小児矯正治療 症例

上顎前突(出っ歯)・・上の歯が前に出過ぎている

症例1

症例1

症例2

症例2

反対咬合(受け口)・・上下の歯が反対に噛みあっている

症例1

症例1

症例2

症例2

症例3

症例3

症例4

症例4

症例5

症例5

症例6

症例6

叢生(乱杭歯)・・ 全体的に歯並びが不揃い、ガタガタに並んでいる

症例1

症例1

症例2

症例2

症例3

症例3

成人矯正治療 症例

上顎前突(出っ歯)症例 ・・・上の前歯が前に出過ぎている

症例1

症例1

症例2

症例2

症例3

症例3

症例4

症例4

症例5

症例5

反対咬合(受け口)・・上下の歯が反対に噛みあっている

症例1

症例1

症例2

症例2

症例3

症例3

症例4

症例4

開咬・・・上下の前歯が噛み合わない

症例1

症例1

症例2

症例2

叢生(乱杭歯)・・ 全体的に歯並びが不揃い、ガタガタに並んでいる

症例1

症例1

症例2

症例2

症例3

症例3

症例4

症例4

症例5

症例5

正中離開(すきっ歯)・・・歯と歯の間が離れている

症例1

症例5

症例2

症例5
Homeコンセプト案内施術内容料金表機材/院内紹介

①矯正歯科専門医による診察

矯正歯科を担当する佐々木啓真は歯科大学卒後、東京医科歯科大学付属病院 矯正歯科に勤務し、小児から高齢者まで幅広い年齢層を診察し、25年以上の矯正歯科のキャリアを有しています。症例数は延べ3000人を超え、1996年に日本矯正歯科学会の認定資格を取得しています。

②豊富な治療経験と学識、技術力

矯正歯科という分野は専門性が非常に高く、高度な技術と学識が求められます。現在では数多くの歯科医院で矯正歯科を行っておりますが、実際には経験と技術、取り扱う装置により、仕上がりの綺麗さや咬み合わせの整え方等に差があります。矯正治療を行う病院を決める上で、矯正歯科専門である事はもちろんの事、更に症例数が多く臨床経験のある先生である事が重要なポイントです。→実績については『症例写真は技術の証拠(歯列矯正編)』を参照下さい

③カウンセリングの充実

矯正治療の相談されるにあたり、治療内容が専門的になるため、患者さんが矯正医の話を短時間で理解するのは難しい事であると認識しております。患者さんの質問に対して、当院で様々な治療説明用ツールを使用して治療内容の疑問点やメリット、デメリット等を分かりやすくご説明致します。時には患者さんの治療前の歯型をとり、治療後の歯並びの仮想模型を作製し、本人様のイメージと共有ができているかを形にして互いで確認します。また、矯正治療は長い治療期間を有するため、治療期間中に新たな疑問や不安にかられる事もあると思います。そのため当院では患者様の不安や疑問点等を理解し、その都度、丁寧な説明を行い、不安や疑問点を解消させる事を心掛けています。

④治療方法の選択肢の充実

歯を動かす方法は1つではなく、矯正装置や施術方法の組み合わせにより複数の方法があります。治療法の選択肢がなく、一つのやり方に偏った施術内容は、各患者様の様々な御要望に添えない事が多いため、当院では治療に関する御要望を詳しく伺い、数種類の施術方法をご提案します。各方法について、それぞれのメリットデメリット、治療のリスクについての情報を分かり易く説明し、患者様との相談のうえ、治療方法を決めています。

⑤他科との連携の充実

矯正治療途中に虫歯や歯周病に罹患する事があります。その場合、矯正歯科のみ行っている病院では、虫歯や歯周病などの矯正専門外の治療は他の歯科医院に依頼される事が多いです。当院では、矯正歯科の他に一般歯科や口腔外科、小児歯科の診察も行っているため病院を変えずに一つの病院で治療を受けられます。同一病院内での他科の先生との連携は、矯正医からの直接治療の進捗状況を把握する事ができます。矯正治療に支障がないように診察を行うので患者さんは安心して治療を受けられます。また、近年、インプラントを併用して矯正治療を行う事により、治療期間の大幅な短縮が可能になりました。当院では矯正用インプラントを併用した矯正治療は、インプラント治療を専門とする医師と矯正医が連携して行っています。

⑥支払い方法の充実 ~「歯列矯正の費用が心配で」とあきらめていた方に~

当院では通常のクレジットカード(VISA,マスター,DC,UC)によるお支払い方法の他に、治療期間に応じた分割支払い方法と歯科治療費専用のクレジットによる支払い方法を取り扱っています。