歯茎から血がでる!腫れた!

 歯茎から血がでる!

ブラッシング時に歯茎から血が出ている事に気づいても、日によって血が出たり出なかったりする事や虫歯と違って痛みを感じにくい病気なので、そのまま放置されがちです。歯茎から出血する原因は歯垢や歯石等の汚れが歯周ポケット内に溜まる事によって歯茎が炎症を起こし、出血します。

また、歯周病を引き起こす原因菌が血管内に入り込み全身に回ると、心筋梗塞や動脈硬化症、誤嚥性肺炎、早産等を引き起こしやすくなります。

出血は、歯ブラシで歯垢を取り除く事によって、ある程度の止血効果が期待でいますが、歯石は歯面に強固に付着しているため、歯ブラシで取り除く事が不可能なため、歯科医院での根本的治療が必要となります。治療内容は検査で出血部位を特定し、出血の原因である歯周ポケット内の歯垢や歯石を取り除き、歯周組織の改善を図ります。

【関連ページ】・・『歯周病の治療』

 歯茎が腫れた

歯周病や虫歯、親知らず等が原因で歯茎が急に腫れることがあります。症状が悪化すると顎からリンパ節にかけて頬部の腫脹と痛みを呈する場合もあります。処置内容は原因を特定し、切開して膿を出し症状を一時的に引かせます。症状が軽減したあと、本格的に原因を取り除く治療を行う必要があります。急に歯肉が腫れてきた場合は、放置せずにすぐにご来院ください。放置する期間が長ければ長い程、元に戻すための治療が難しくなります。問題が深刻になる前に早期に治療されることをお勧めします。

歯茎の腫れと痛みが主訴で来院。 歯茎の中に膿が貯まっています。

ドレーンチューブを使用して歯茎の中の膿を出し、症状を引かせます。

Homeコンセプト案内施術内容料金表機材/院内紹介