CGF Reproduction Treatment ~CGF再生療法~

 CGF  再生療法とは・・・

当院では、歯周病治療やインプラント治療、歯の抜歯等の外科処置において、疼痛抑制と術後の治癒促進の効果のあるCGF(Concentrated Growth Factor)再生療法を導入しております。
怪我をして出血した時、血液中のフィブリンという物質が出血部位に集まり、止血と傷口を治します。CGFとは、患者さんの血液をメディフュージ(右の写真)で遠心分離させて人工的にフィブリンを集め、ゲル状にしたものをCGF(Concentrated Growth Factors)と言います。CGFには傷口を治すために必要な自己血由来の成長因子や血小板などを多く含まれており、創傷の治癒を促進させる効果があります。

 CGF  再生療法の長所

CGF(Concentrated Growth Factors)は、歯の抜歯やインプラント治療等の口腔外科処置に併用する事により、以下の効果が得られます。

  • 施術後の出血や痛みの大幅な軽減が期待できる。
  • 傷口を治すための成長因子と血小板を多く含むため、創傷治癒のスピードが大変速く、従来の手術方法と比較して大幅な治癒期間の短縮や体の負担を軽減することが可能となります。
  • CGF再生療法の前に行われていたPRP再生療法(Platelet Rich Plasma)は、多血小板血漿を凝固させるためにトロンビン(ウシやヒトのタンパク質分解酵素)などの添加物を使用しなければならないというデメリットがありましたが、CGFは添加物なしで必要な成分を凝固させる事が可能になりました。その結果、添加物を一切使用しない、完全自己血由来ですのでアレルギー反応や感染のリスクがないことも、特徴の一つです。
 CGF  再生療法の欠点
  • 厚生労働省により『再生医療等安全性確保法』が施行され、厚生労働省で認可された指定病院のみ行える施術方法のため、CGF再生療法を行っている医療機関が少ない。
  • 保険外診療内容であること。現在は高度先進医療項目に該当するため保険がききません。
 CGF  再生療法の使用例

CGF(Concentrated Growth Factors)は、以下の処置内容と併用する事によりに大きな効果を得られます。

  • 口腔外科・・・・・歯の抜歯、親知らずの抜歯、のう胞摘出に併用する事により、手術部位の自然治癒を 促進させ、痛みを軽減させます。
  • 歯周病治療・・・・・歯槽骨の再生療法と併用させる事により、歯周組織の再生の促進効果があります。
  • インプラント治療・・・サイナスリフト、ソケットリフト、GBR(骨再生誘導療法)、ソケットプリザベーション(抜歯窩保存療法)等の顎の骨を再生させる治療法に併用する事により、骨の再生を促進させ、治療期間を短縮させる効果があります。
症例1) 親知らずの抜歯

①CGFを作製するための採血を行います。

②採血管をメディフュージで、CGFを作製します。

③CGFが出来上がりました。 10分程で作製できます。

④親知らずの一部が見えます(黄マーク)。親知らずを抜いて、CGFを入れる計画です。

⑤親知らずのレントゲン写真。横に生えています。

⑥親知らずを取り除きます。

⑦親知らずを抜いた後の写真。

⑧抜いたスペースにCGFを填入します。

⑨縫合して完了。

⑨術後の口腔内写真。

症例2) ソケットプリザベーション(抜歯窩保存法)の症例

①前歯が折れて、歯根の部分が歯茎の内部に残っています(黄マーク部)。

②歯根部を抜いたスペースに、CGFを混ぜた骨補填剤(AFG)を填入し、更にCGFをメンブレン形態にして抜歯窩を覆う計画です。

③術前のレントゲン写真

④歯根を抜いた後の写真

⑤CGFを混ぜた骨補填剤(AFG : Autologous fibrin glue)

⑥CGF(Concentrated Growth Factors)

⑦AFGを填入した後にCGFをメンブレンにして抜歯窩を覆い、縫合する。

⑧術後のレントゲン写真

⑨1ヶ月後にインプラントを埋入(1回法)

⑩1ヶ月後にインプラントを埋入(1回法)

⑪3カ月後にインプラントにセラミック冠を装着

症例3) インプラント治療 GBRの症例

①第1小臼歯と第2小臼歯の2本の歯が欠損しています。歯茎が陥没しているのが分かります(黄マーク部)。

②歯周病により、顎の骨が陥没しています。顎骨再生療法を併用したインプラント治療を行う計画を立案。

③インプラント埋入写真。骨が溶けているため、インプラントの一部が露出しています。(黄マーク部)。

④ 露出部にCGFを混ぜた骨補填剤(AFG : Autologous fibrin glue)を填入します。

⑤AFGを填入後、CGFをメンブレンの形態にして、患部を覆い、縫合する。

⑥3カ月後の2次手術時の写真。陥没していた骨が再生し、③で露出していたインプラントの表面が、新生骨で覆われています。

⑦インプラントに高さのあるキャップを装着すると同時に固い歯茎を頬側につくります。

⑧インプラントにセラミックの被せ物を装着し、完了。

⑨治療後のレントゲン写真。

Homeコンセプト案内施術内容料金表機材/院内紹介